2月5日     天は神の栄光を語り告げ、大空は御手の業を告げ知らせる。 

詩篇19:1

夜、家路についた。ふとビルとビルの間に半分の月が見えた。月までの距離は38万4400キロ。新幹線で65日かかる。なんだ、すぐそばだと思った。都会では星はほとんど見えない。でも月は輝いて見えた。 神の存在を近くに感じた。そう、大宇宙を想像されたお方がいつでも共にいてくださるのだ。