2月12日    激しい突風が起こって波が船の中に入り、舟は水でいっぱいになった。 マルコ4:37    主が「向こう岸へ渡ろう」と言って出かけたのに、突風に遭遇した。弟子たちはあわてて「死んでもかまわないのですか」と怒るようにイエスに声をかけた。イエスは船尾で眠っていたし、弟子たちが騒ぐので風に向かった「静まれ」と叱り付けた。凪になったという出来事。 ここでイエスの動きを見ると、渡る、眠る、風に命じる、凪になる。 主はすべてをご存知、支配なさる。私たちもイエスに従い、イエスのように平静を保って寝てれば良かったのかな?!そうしたら向こう岸に無事にたどり着いていたのだろう。