3月15日   私(ダビデ)は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私を身ごもりました。詩篇51:5   人類は、何処の国の人、どの社会的立場をもっている人でも、みな アダムの末だ。罪の性質をもって生まれてくる。人の苦行やお金によって罪性はぬぐわれない。神はイエスを私たちのために身代わりの死を遂げさせ、イエスを救い主と信じる者たちに「雪よりも白い」心に造り替えてくださる。4月5日から「受難週」に入る。イエスの身代わりの死を感謝し、心に主イエスを受け入れよう。