7月2日

人が地に種を蒔くと、夜昼、寝たり起きたりしているうちに、種は芽を出して育つ。   マルコ 4:26-27

家族伝道も、日々の生活を通して、子どもたちに種が蒔かれていくのに似ています。寝たり起きたりの普段の生活を通して、神の恵みの種が蒔かれている、どうかな?時がたつにつれ、種は自然に芽を出してくるという現象は普通に見られます。信仰のあかしも同様な面があるのではないでしょうか。こころしてみてください。