2020.07.26   あるサマリヤ人が、旅の途中、そこに来合わせ、彼を見可哀想に思った。  ルカ10:33   イエスが話されたたとえ話です。強盗に襲われ倒れていた旅人を見た人の中、宗教的な祭司、レビ人がいたのですが、彼らは横を通り過ぎて行ったというのです。ところがユダヤ人から差別されていたサマリヤ人は、「可哀想」に思って、介抱して上げたという話です。 私たちの周辺にも慰め、励まし、助けを必要としている人がいるでしょうか。見て見ぬふりをして通り過ぎないで、何か出来る事をしたいです。電話やメール、はがきでも励ましの声をかけたいですね。