2020.08.19

ただちに、諸会堂で、イエスは神の子であると宣べ伝え始めた。 使徒9:20

タルソ生まれ、厳しい掟の下に育てられたサウロは、クリスチャンと呼ばれる人々を迫害していた。彼がダマスコに行く途中、回心しパウロとなった。彼は「ただちに」宣教活動を始めた。「主のみ名を呼び求める者は誰でも救われる」(使徒2:21)。日本人の大半は、サウロがそうであったように先祖伝来の宗教に染まっている。そこから離れて、真の神の名を呼び求めて欲しい。サウロがパウロになったように。 そして宣教に励む者に変えられるように。