1月20日

神は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。 創世2:7

えらそうに振舞っている人も、塵から造られており、息が吹きこまれていなければ死んでしまう。心臓は動いているか、血液は流れているか、そして息をしているか。小さな息でさえ自分の思い通りにはいかない。はかない存在が人である。神によって生かされている存在がお互いだ。