2月20日

私たちはみな、自分の肉の欲の中に生き、生まれながら御怒りを受けるべき子らでした。 エペソ2:3

このような者のために、イエスは救いの恵みを備えてくださった(4-5、8)。信仰と感謝をもって受け取ればよいのです。修行や難行苦行によるのではないのです。

きょうも、晴れやかな心をもって、主の恵みをあかししよう。