8月15日

私たちが主の御心に適えば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう。あの地には乳と蜜とが流れている。 民数 14:8

ヨシュアとカレブは偵察に行って、上記にように報告した。しかし他の偵察隊の人々は、否定的な報告をした。これをクリスチャンになるという角度で見ると、ヨシュアとカレブは信仰をもって神に従うと乳と蜜が流れるような祝福に与るだろうと言う、しかし大半の人は反対する。日本には古来からの偶像の神々があるではないか、このままで行こう、エジプトに帰ろう(4)と言う。神の御心にそって一歩踏み出してみて下さい。