4月9日
私たちは勇気を失いません。たとい外なる人は衰えても、内なる人は日々に新たにされています。 2コリント4:16
パウロは迫害のために常に死を意識していた。私たちはイエスのための死(11)ではないにしても、必ず死ななければならない。イエスへの信仰の故に、その先が保証されている。そのためには内なる人が日々に新た、という信仰と生活が伴っていなければならない。私たちは、「日々に新た」と言える信仰を告白できているだろうか。