11月9日

もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、彼らにはともしびの光も太陽の光もいらない。

黙示 22:5

病床で静かに見取られながら亡くなる人がいる。また思いがけない事故でぐちゃぐちゃになって死ぬ人もいる。いかなる死に方をしても、主にある人は神の御国に移され、暗闇はない。輝きと平安、賛美があるだろう。