1月30日

悪を取り除け。悪事を働くのを止めよ。善をなすことを習い、公正を求めよ。 イザヤ1:16~17

人の心は悪に染まっているようだ。自分の力や修行ではどうにもならない。唯一心に巣くっている悪を取り除くことが出来るのは、イエスの血だ。イエスはキリスト(救い主)。このお方を心に迎えるとき、不思議としか言いようがない「変化」が起こる。まさに神に背を向けていた人生から方向転換する瞬間だ。今が主を求める時ではありませんか。

 

1月31日

祭司長、律法学者たちは、イエスがなさったいろいろな出来事を見て、腹を立てた。 マタイ21:15

反対勢力は、イエスがなさったことに対してでさえ反対した。ねたみや嫉妬の心は、いかなることにも反対する。政治界も実業界、さらにはキリスト教界でさえも同様な事が言える。神の御心をいかにわきまえているかが問題。常に神のみ旨を確認しつつ前進して行きたい。個人の信仰生活もそうありたい。