2月1日

あなたがたの言葉が、いつも親切で塩味の効いたものであるようにしなさい。 コロサイ4:6

言葉は口から出るともう戻ってこない。その言葉が人を傷つけたり、落胆させたり、時には自殺に追い込んだりする。反対に慰めたり、励ましたり、希望を持たせたりする。だから「いつも」なのです。

主の憐れみと支えをいただいて、私たちの口から出る言葉をとおして人を主に導くものでありたい。