5月30日

彼ら(信仰の人々)はさらに優れた故郷、すなわち、天の故郷にあこがれていたのです。 へブル 11:16

地上の生活で、疲れたり、失望したり、迷ったりする。その時、どこに目を留めればよいのかが、ここに記されている。「天の故郷」だ。パウロは、「勇敢に戦い、走るべきみちのり(ゴール)を走り終え、信仰を守り通しました。義の栄冠が私のために用意されている」(2テモテ4:7-8)と述べている。目のつけどころは、地上の何かではなく、ゴール(天の故郷)と栄冠だ。