8月20日

イエスは大声で叫んで言われた、「父よ、わが霊をみ手に委ねます」  ルカ 23:46

クリスチャンは「祈る」ことを教えられ、日々の生活は祈りから始めます。でも異教徒も同じように祈りから一日を始めています。神殿・神社に行くと、参拝者は熱心に(中には形だけの人も)祈っています。問題は「誰」に祈っているかです。イエスは父なる神に、「父よ」と声をかけています。鉄や木で人間が彫刻した神々に祈るのではなく、天地万物を創造された唯一の神に祈るのです。