1223

マリヤは、心に納めて、思い巡らしていた。ルカ 219

母(マリヤ)はこれらのことをみな、心に納めておいた。 ルカ 251

イエスに関する出来事を、マリヤは「心に納めていた」。早急に結論を出すというより、思い巡らし、祈っていたのでしょう。神の語りかけを静かに聴くと言う時を取りましょう。忙しさに振り回されないように。