1月4日
マナセは主こそ神であることを知った。 2歴代 33:13
2019年の3ガ日が過ぎた。新年の3日間、多くの人が神社にお参りに行く。偶像に仕えている。イスラエルの王であったマナセも同様に真の神を捨て、偶像を拝み、民にもそのようにさせた。ところが主はアッシリヤの王を用いて、マナセに真の神に戻る機会を与えた。マナセは偶像や祭壇を取り除き、神に祈るようになった。2019年は天皇の交代の年。そして異教的な行事が、国民全体を巻き込むようにして行われるよう準備をしているようだ。為政者たちが真の神を知ることが出来るよう祈ろう。