115

お母様を捨て、別れて帰る様に、仕向けないでください。 ルツ 116

お母さん(ナオミ)もご主人(エリメレク)を亡くし、ルツも夫(マフロン、ナオミの息子)を亡くした。ナオミはルツにふるさとに帰って、結婚すればと勧める。でもルツは「お母さんと一緒にベツレヘムへ行きます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です」と言って、ナオミと行動を共にした。苦しみや悲しみを共に味わい、苦難の中を一緒に歩いた。