211

マグダラのマリヤは弟子達の所に行って、「私は主にお目にかかりました」と告げた。 ヨハネ 2018

マリヤがイエスの葬られた墓に行った。そこにイエスの身体はなかった。墓守がからだをどこかに移したのだと思った。イエスが彼女に近づき、声をかけたのにイエスだと気がつかなかった。日々の出来事の中に主の関与があっても、それに気がつかないことがある。墓守ではなくイエスだと分かったマリヤは弟子たちの所へ報告に行った。いろいろな出来事の中に主の臨在を感知することが出来ると喜びと平安が与えられる。