◆◇◆ あなたはわたし(イエス)を愛しますか。 ヨハネ21:17 ◆◇◆

 この質問はイエスが弟子のペテロに発したものです。実は、イエスが十字架にかかることを弟子たちに話した時に、ペテロは「あなたのためなら死をも覚悟しています」と大胆な反応を示しました。それに対して、「そのような事を言っているが、いざ試練が来るとわたしを知らないと3度、言うぞ」といさめました。実際、自分の身に危険が及びそうだと思ったのか、ペテロは3度「あの人の事は知らない、関係ない」と言ってしまいました。
イエスは十字架にかかって死んだ後、復活されました。そしてペテロに現れ、上記の質問をしたのです。しかも3度にわたって。

 子どもがお母さんと手をつないで歩いている姿を見ます。子どもがしばしばお母さんの顔を見て、安心するかのように元気良く手を引かれて歩いていきます。何を確認しているのでしょうか。

最近よく話題になるのが、DV(Domestic Violence 家庭内暴力)です。夫が妻に対して、さらに母親が子どもに対して暴力を振るうのです。子どもが外でいじめられたり、けんかをして家に帰ってきたのに、家に帰るのが怖いという状況です。それが高じて母親が子どもを殺すようになるのです。

子どもが安全に生活できる環境を作らねばなりません。一番身近な親から暴力を受け、その犠牲者になるのは、何と言う事でしょうか。子どもが親と目を合わせるたびに、「私を愛していますか」と子供の目が語りかけているとしたら、悲惨です。目を合わせるたびに、「ママ、私を愛している?」と言うより、愛されていることを確認する喜びを与えたいものです。

教会学校に来た子どもに「おはよう」と声をかけると、ニコっと笑って返事が返ってきます。相互に「愛している」ことの確認をしているようです。保護者の皆さん、朝の「おはよう」は、「愛しているよ」の思いの伝達でもあるのです。

赤坂教会牧師:姫井雅夫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー