聖書箇所 Ⅱコリント10:1~11

説教題 語る者と聞く者

説教 姫井雅夫牧師

説 教 要 約

父(パウロ)と子たち(教会員)

パウロは正したいと願って語るが、聞く会員は文句を言った。

1、パウロ側(1-6)語る側

キリストの柔和と寛容をもって語った。面と向かっている時はおとなしく、離れている時は強気に。

でも強気に振舞わなくて済むようでありたい(2)。肉体を持つ者として語るが、肉的ではない(3)。

2、会員側   聞く側

キリストに属していると豪語する。謙遜をもって語るパウロに対して、高慢な態度で反発する。

牧師と役員の関係は、教会を良くもし悪くもする。

3、勧める動機(8)

倒すためではなく、立てるため。

神からの権威を持って語るが、脅しているのではない。見ると弱弱しく、話しぶりもなっていないと

酷評された。でもパウロは、倒すためではなく立て上げるためだと動機を語る。

大胆に福音を伝えたいが、権威を振り回してはいけない。伝道やあかしの姿勢が問われる。

 

日本キリスト教団 赤坂教会
〒107-0052
東京都港区赤坂6-9-6
TEL.03-3582-1945

HOME


MAIL.akasakachurch@gmail.com