聖書箇所 Ⅱコリント11:1~15

説教題 異端への警戒

説教 姫井雅夫牧師

説 教 要 旨

 

献金に関する奨励を終え、次のテーマ『異端』に移っている。終末期の兆候として異端が上げられる。クリスチャンを神から引き離そうとする。異端の活動は巧妙。気をつけよう。

1、パウロの情熱(1-2、5-12)

コリント教会のことを思えば、

異端に引っかかっては大変なの

で、厳しい手紙を書いた。やん

わりと忠告する仕方もあるが、厳しく言わねばならない時もある。

2、異端への警告(3-4,12-15)

別のイエス、異なった霊、異なった福音、誇る機会を狙っている、偽使徒、人を欺く働き人、イエスの弟子に変装、サタンの手下

3、健全な教会形成

*牧師と信徒の間柄

それぞれが自分の思いで動か

したいと思う。

*信徒同士の間柄

牧師に良く見られたい。

献金の額を比較したい。

ご利益のある方に誘う。

心と信仰をひとつにし、キリストの体なる教会に仕えよう。